【日の出凧】

日の出凧の美しさと歴史と。

天旗とは宮城県気仙沼市の伝統的な「凧」を指す方言です。その中でもとりわけ気仙沼を象徴する絵柄である「日の出凧」。その模様は見る人に三陸の風、海、波、雲、朝日をイメージさせてくれます。その美しさは、全国の凧の図鑑である「日本の凧」の巻頭扉絵を飾るほど日本の凧を代表したものとなっています。また、100年以上もの歴史を持つ「日の出凧」は、明日を明るく照らす朝日を中心に、復興に進む東北の人々に希望ともなっています。気仙沼の中でも日常となっている「日の出凧」の歴史と文化を改めて深く感じてもらいたく今回の企画をさせていただきました!これからも、実際に凧を作り、空へ高く高く揚げていき、空を見上げる誰もが自然と笑顔となる、そんな時間を過ごしてもらいたいと思います。

成宮崇史

参加者からのコメント

  • 自分で色を付けて作れる点が楽しかったです。
  • 子供にも丁寧に教えて頂き、自分で作り上げて喜んでいました。
  • 凧がいっぱい飛んで楽しかったです。
  • 誰でも簡単に作れて楽しめる点が良かった。また、凧のあげやすい場所設定も良かった。家でも作れるように教えて頂き、再現出来そう。
  • 天旗について知ることが出来て良かったです。

【関連動画】

これまでに開催された【日の出凧】

参加メンバー

成宮/西城/塚本/一色/南部/及川/奥原/金野