三浦 一樹

みうら かずき

株式会社三陸新報社

自己紹介
気仙沼市出身。1980年生まれ。気仙沼高校を卒業後、1999年に地元紙・三陸新報社に記者として入社。2006年10月、市内の若者有志でまちづくりサークル「気楽会」を結成。取材活動の傍ら、一市民の立場で観光などのプロジェクトに携わる。座右の銘は「変える!変わる!変えられる!」
ばばばプロジェクトへの思い
「気仙沼って、面白いよね」。震災後、ご縁ができた市外の方から、よくそんな言葉をかけられます。海、山の豊かな自然、食-。気仙沼には、たくさんの観光資源がある中、その方は「地元の人に会いに来たい」というのです。
 気仙沼にはあっと驚くような、面白い方がまだまだいるはず。そんな、「ば!ば!ば!」な人を、このプロジェクトで一人でも多く発掘したい―。密かな願望です。
関連リンク