伊藤 和臣

いとう かずおみ

株式会社三陸新報社

自己紹介
気仙沼市出身。1973年生まれ。気仙沼高校を卒業後、8年間を仙台市で過ごす。長男一人っ子の役目を果たすべく、1999年に地元紙・三陸新報社に入社し帰郷。趣味は写真。32年前(小学5年生時)、父が乗船していた船会社社長からフルマニュアルのカメラをプレゼントされたのが始まり。帰郷してから自身の写真を休んでいたが、東日本大震災後に流失した写真に想いを手繰り寄せるべく、個人の撮影を再開。
ばばばプロジェクトへの思い
地元の人は「再発見」、気仙沼に来た人は「発見」という心地好い余韻を与えてくれるのが、このプロジェクトの魅力です。これからも、参加者の方々と様々な感動、楽しい時間を共有しながら映像の撮影していけたらなって思っています。
関連リンク